神奈川のあったか湯

神奈川のおへそ厚木から自転車にのって日帰り湯に立ち寄ります。どこまでいけるかなぁ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪の岸邸

神奈川・厚木 雪の「岸邸 

「復興せよ!後藤新平と大震災2400日の戦い」
読売テレビで2012年1月22日(日)放映されたその中に岸邸が。

雪の日にまた出掛けてきました
CA3G0185.jpg


【撮影場所】

ここは機材を持ち込める広い場所があるので、よく使われるそうです
CA3G0186.jpgCA3G0187.jpg




【女中部屋】

土間から急な階段をあがる2畳ほどの広さ
3方向にガラスがあり、ここにも赤の色硝子が
女中部屋CA3G0206.jpg
 



【青色の漆喰】

漆喰.jpgCA3G0188.jpgCA3G0189.jpg




【雪隠】2箇所

客間に近い方は大便器、小便器、手水場と3つに
家庭用でも大便器と手水場が

狭い空間に、いくつもの細工が。

CA3G0193.jpgCA3G0190.jpg
お手洗い.jpgお手洗い.jpgCA3G0223.jpgCA3G0192.jpg




【洋間】

ハート型ドア.jpg洋間.jpgCA3G0201.jpgCA3G0202.jpg




【格天井】

灯.jpg




【土間の戸】

左右同じものですが、裏と表で見え方が違います
勝手.jpg 勝手.jpg




【式台】本玄関

建具は黒塗りの框にスリ硝子
CA3G0198.jpg




【家族が食事をした部屋】

天井には明かり取りの天窓が
CA3G0218.jpg




【4枚の雨戸】

邸の全ての雨戸は一番手前だけ柄が違う
CA3G0220.jpg




【色ガラス】

天井.jpgCA3G0211.jpg2-7.jpg2-4.jpg




【透かし彫り】

4-3.jpg




【竹組子欄間】

CA3G0216.jpg




【欄間】

途中で模様が変容
CA3G0207.jpg




【書院欄間】

1-5.jpgCA3G0208.jpg




【窓】

右の窓を開けると左
CA3G0209.jpg CA3G0194.jpg




郷土資料館で岸家は村長さんだったことをお聞きしました。
庄屋だったので、屋敷に門を構えたり、 母屋に式台を設けることができたのですね
職人さんが泊り込みで作られたそうです

なぜこの厚木でハイカラな建物が?と思っていましたが、

「古来この地域は交通の要衝として知られ、津久井-平塚間の中間交易や、大山街道中途の大山詣の宿場町として発展した。そのため元来仲卸業者が多く、旧厚木町市街地域には問屋街が形成されていた。かつては、水運も盛んで相模川を利用した河川交通の要衝でもあった。
明治以降も相模国および神奈川県中央部における商業・交通の中心として栄えた。」

水運によっていろいろな物が運ばれてきたのですね

今 書店で平積みされている「るるぶ神奈川」には、
厚木は神奈川でもエリアのない「その他地域」ですけれど、
当時の栄光は何処へ


まだまだ書ききれないところが一杯ありますが、今日はここまでです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 厚木情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:神奈川 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/01/30(月) 11:16:38|
  2. ちょっとおすすめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。